1. 無料アクセス解析

ひでぞーさんち!凸!?

ひでぞーさんちができるまでとその後のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIY 自分でLAN配管工事!

最近はどこのおうちでもパソコンでインターネットしている方は多いと思いますが、ひでぞーもその一人です。
当初、全部お任せでLAN工事もお願いする予定でしたが、予算の都合で自分でやることになりました。
実は、以前勤めていた会社でLANや電気、電話関連の工事をしたことがありなんとなく自分でもできそうな気はしてました。
しかし、主にビルなどの建物を相手にしていたので、一般住宅となると勝手が違い、電気屋さんにアドバイスもらいながら工事をしました。
#施主支給のような施主工事?

当初は、ダイレクトにLANケーブルを配線しようかと思いましたが、LANにもCAT5,CAT5E,CAT6が存在し、どれを選んでも将来的には規格が変わってしまうような気がしました。
#なんとなく近い将来は光になりそうな・・・
そこで、ケーブルではなく配管を行うこととしました。

配管はCD管というもので行いました。
他にもPF管というものもあり、自己消化性の有無でPF管の法が価格が高いようです。
材料自体は、最近は大きめなホームセンターなどでも扱っている事が多いので、ご自分で工事を考えている方は探してみてください。
見つからなければ、通販という手もあり、おすすめはコメリ・ドットコムです。
ホームセンターのコメリ・ドットコム

未来工業の内径16mmのCD管(MFCD-16 50M巻)が1480円でした。
CD管(MFCD-16)

その他に、CD管を固定するためのステップルも必要となります。
ステップルは取り扱いが無いお店が多いので、お取り寄せになると思いますので前もって準備が必要ですね。

下の写真は、配管の基になる部分で、ひでぞー邸では、ワークルームと呼ばれる趣味専用部屋の天井裏部分になります。
オレンジの配管がLAN用で各部屋につながっていて、ホワイトの配管は音楽用の光ケーブル、映像用のケーブルを通すために設けました。
LAN配管

実際に工事してみてのポイントというか感じたことですが、
・配管は将来を見越せば太いほうが良いが必要最小限の太さにする。
 配管を通す際には、配管の太さ分の経路が必要になります。
 天井裏は問題ないのですが、1Fから2Fへ配管する際は、
 通せる場所が無いケースがあり、構造材に穴を開ける必要が出てきてしまいます。
・配管ルートは見た目ではなく最短にする。
 どうせ見えなくなる場所ですから、最短距離のほうが良いです。
 下手に壁に沿って配管を曲げていると、曲がりが多くて後で配線が通しにくかったり、
 配管長も中に入れる配線長も短く出来ます。
 #配線は短いほうが劣化などが少なく良い。
 ひでぞー邸の場合、直線的な計算では100メートル必要でしたが、
 最短で引いたら50メートルで足りてしまいました。
 #50メートル1巻余ってしまったわけですが・・・

自分でもできそうと思った方は、ぜひチャレンジしてみてください!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

光ケーブル光ケーブル (Optical fiber Cable) は、光ファイバーにシースと呼ばれる保護被覆を施したケーブルの事である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licen

右サイドメニュー

品物検索

©Plug-in by ASIA SEASON

楽天で探す
楽天市場






リンク

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ









オークションなら!


捨てる前に!


海外オークション!


那覇 ホテル口コミはトリップアドバイザー







トイザらス オンラインストア

ライフスタイル提案ショップ 家電オンライン





MonotaRO(モノタロウ)

ホームセンターのコメリ・ドットコム







 新居ができた!
 引越しどうする?


 アフィリエイトって
 なんだ?
アフィリエイト の ジャネット
アフィリエイト の ジャネット




フルーツメール

左サイドメニュー

ようこそ!

あなたは・・・
人目の訪問者です。

現在の閲覧者数:
~ひでぞーさんち~
 設計・監理:
  宮本忠長建築設計事務所
 施工:サカト産業
  (長野市景観賞受賞 写真79)

FC2部ブログランキングバナー
 FC2ブログランキング参加中♪
 記事が楽しかった!
 参考になった!ら、
 クリックお願いします!

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Qの市ビンゴカード状況
Qの市ビンゴ
ビンゴカードメーカーを
ダウンロード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。